ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性経営者
  4. 女性経営者が出産後に気になる、外出先での搾乳問題

女性経営者が出産後に気になる、外出先での搾乳問題

仕事復帰を考えた産後にまずは気になったのは、搾乳はみんなどこでしているのかということでした。

まず、私が出産した病院はBFH(Baby Friendly Hospital)で母乳育児を積極的に行っている病院でした。産後の授乳指導も手厚く授乳もスムーズに行うことができました。ただ、2歳くらいまでは授乳を推奨しており、自営業で産後2ヶ月で仕事復帰する私はどうしたら良いのかと悩みました。病院でも助産師さんに相談したのですが、母乳育児を前提としているのでわからない、とのことでした。

幸運なことに夫が半年間の育児休業を取得してくれたのですが、仕事復帰しても、私がいない時に授乳はどうしたら良いのか。

夜だけミルク生活からスタート

そこで、退院後に行ったのは”夜だけミルク”生活でした。医学的な良し悪しはもちろんわからないのですが、夜寝る前は夫にミルクを飲ませてもらい、私が以外でもミルクがあげられるように、哺乳瓶に慣れてもらうようにしました。そして、私は試しに夜だけ搾乳してみることにしました。しかし、やってみたら結構難しい。搾乳器を上手く使いこなせるようになるまで時間がかかりました。

慣れてきたところで、外出する時には搾乳器を持っていくことにしました。

で、どこで搾乳しようか

外出時の搾乳について検索すると次々に出てきたのが、「会社のトイレで搾乳しました」というコメント。トイレで搾乳しても母乳は持って帰れないかな…とどうしたものかと悩んでいました。そこで探してみたのが商業施設などにある授乳室。固定の場所へ外出することが少ない私は授乳室を探しながら、移動していました。

ただ、搾乳は思った以上に時間がかかり、授乳する時間の倍以上はかかりました。搾乳時間を考えながら移動して、帰宅する。私が不在の時には夫だけで色々できるように早起きする。そんなことを2週間続けていると時間管理に追われる毎日に心身ともに疲れてしまいました。そこでやらないことを増やしました。無駄に思えること、過剰にやりすぎていることはカットする。搾乳も完璧を目指さない。辛いと思ったら家族に聞いてもらう。

保育園に通い出したらどうする?

出産後、約半年が経った4月から保育園に通うことになりました。友人に保育園に通い出した時に授乳はどうしたのか聞いてみたところ、「朝夜だけ授乳に対応する身体になるよ!」と言われました。人それぞれだと思うのですが、私も朝夜だけの授乳のみで大丈夫な身体になりました。そうやって朝夜だけ授乳を継続していました。その間、無理のない範囲で搾乳をしつつも、自然と無理に搾乳しないようになっていきました。(後日、他の方にも聞いてみたら保育園スタートともに断乳する方も多いようでした)

で、卒乳はいつする?

卒乳、断乳という言葉がありますが、助産師さんは産後すぐに「授乳は本人が好きなだけ飲ませなさい」と言っていたので、私は本人がいつかいらないというのだろうと卒乳を待っていました。実は2023年によなよなエールで「隠れ節目祝いセット」がプレゼントされる!という情報を見ており、「卒乳してビール飲めるねセット」に応募するのを楽しみにしていました。しかし、そのうちいらないというのだろうと待っているうちにプレゼント企画は終わってしまいました…(今は「卒乳してビールが飲めるねセット」が購入できるようです!)

1歳6ヶ月が過ぎて、1歳7ヶ月を前にして、いつの間にか卒乳していました。卒乳したら、私の体がかなり軽くなりました。意外と頑張っていたのだな、とようやく気づきました。振り返ると良い思い出です.

今も子どものこの笑顔が守れる毎日を祈って毎日を過ごしています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/mnoriko/noriko-matsumoto.jp/public_html/wp-content/themes/switch_tcd063/comments.php on line 98

関連記事

人気の投稿とページ

女性経営者が出産後に気になる、外出先での搾乳問題
女性経営者が妊娠が判明した時にまず確認すること
トップページ
お問い合わせ
池田理世税理士事務所 池田理世(いけだまさよ) 様