事業紹介/TEPEの由来

事業紹介

屋号TEPE(テペ)
設立年月日2017年4月3日
代表松本典子
住所神奈川県横浜市中区尾上町5-80 2階 コンサラート内
事業内容経営コンサルタント事業(中小企業診断士事務所)
人材育成・研修事業
上記に関わる翻訳・執筆事業

TEPEの由来(事業名について)

TEPE”とは、以前私の父がトルコに駐在していた時の会社の社名に由来します。“TEPE”はトルコ語で「てっぺん=頂上」という意味です。トルコ語、日本語は同じウラル・アルタイ語族*に分類され、言葉、語順がよく似ています。

TEPE”という事業名は、

「自分の持てる力を“てっぺん“(最大限)まで発揮して、自分の夢を追い求める」

という想いを込めて名づけました。 “TEPE”は自分の“てっぺん”に挑戦し続ける女性起業家を支え続けます。

アルタイ諸語であることが広く認められている言語グループには以下の3つがある。これらそれぞれの中での系統関係は実証されているが、これらの間の系統関係については決着を見てはいない。
・チュルク語族(アルタイ語、トルコ語、ウズベク語、カザフ語、トゥバ語など)
・モンゴル語族(モンゴル語、オイラート語、ブリヤート語など)
・ツングース語族(エヴェンキ語、満州語など)

参照:Wikipedia 「アルタイ諸語」

チュルク語族、モンゴル語族、ツングース語族のみの括りを「ミクロ・アルタイ」(Micro-Altaic)、日本語族、朝鮮語族を加えた括りを「マクロ・アルタイ」(Macro-Altaic)という。「アルタイ語族」の支持者のほとんどは、日本語族、朝鮮語族を含めることを支持している。

参照:Wikipedia 「アルタイ諸語」