ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 各種制度
  4. 確定申告でお得!個人事業主は作成するべきマイナンバーカード

確定申告でお得!個人事業主は作成するべきマイナンバーカード

新型コロナウィルス感染症への家計支援策である10万円の「特別定額給付金」を受給するための申請が、「郵送」もしくは「マイナンバーカード を利用したオンライン申請」もできる、という話題から「マイナンバーカード」が再び注目を集めるようになりました。

2020年5月14日の日本経済新聞の記事でも”10万円給付、「オンライン申請」で自治体の窓口混雑 ”という記事が掲載され、マイナンバーカード申請後の、各自治体窓口での受け取りに90分待ち、最大4時間待ちになったことが話題になりました(受け取りが予約制になっている自治体もあります)。

2020年5月20日、自分自身のマイナンバーカードを横浜市の窓口に取りに行ったのですが、予約制ではありませんでした。

しかし、なんと!待っているのは0人で、待ち時間がゼロでした。

90分待ちの報道で「特定定額給付金の申請に必要なら、申請しておこうかな」と思っていた方が、「90分も待つなら、郵送でも給付金の手続きができるなら良いかな」となったのかもしれません。

マイナンバーカードも少し受け取りやすくなっているのかもしれません。

令和2年分の確定申告から紙ではなく、「電子申告」だと控除額が10万円プラスに

マイナンバーカードを取得するメリットは大きく3つあります。

① コンビニで印鑑証明、住民票などを取得できるようになる。

時間帯に縛られず、取得手数料も少しお得になっているのがありがたいですね。
各自治体により対応が異なるので、各自治体のHPを確認してみましょう。

出典:横浜市HP https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/koseki-zei-hoken/todokede/koseki-juminhyo/oshirase/koufu.files/0016_20191218.pdf

② キャッシュレス決済との連携でマイナポイントが最大5,000円分もらえる。

最大25万円の買い物で、最大5,000円分のマイナポイントがもらえます。
少しでもお得になるのはありがたいですね。
(登録方法はこちらのページから→https://mynumbercard.point.soumu.go.jp

③ 令和2年分の確定申告から「電子申告」だと控除額が10万円アップ!

「電子申告」にはマイナンバーカードが必要です。
令和2年分の確定申告(2021年に行う確定申告)では、電子申告の方がメリットがあります。

個人の方の場合、令和2年分より控除の内訳が変わります。
青色申告特別控除額が10万円減り、基礎控除額が10万円増えます。
つまり、合計はわかりません。

しかし、電子申告をした場合、青色申告特別控除額が10万円減ったものに、10万円の増えます。

つまり、確定申告の電子申告をした方が、+10万円の控除額で申告できてお得になります。

今のうちからマイナンバーカード を作っておいた方が良いかもしれません。
マイナンバーカード 申請方法はコチラ

出典:国税庁HP https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf?fbclid=IwAR1iCYyJV8XIyY8WUX-yKF4Pd5D3l_UsqfBFqjZKyTMJmplZCyUcJs5sBGo

こういった制度は、知らずに損をしていることが多いです。

日々アンテナを張って情報収集を行い、使える制度はお得に活用しましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

人気の投稿とページ

代表紹介
トップページ
中小企業診断士 松本典子よりご挨拶
株式会社東京フィルムス 代表取締役 松澤 和行 様
イメージできることは実現する
10月開始!「えどがわ朝日創業塾」募集開始しています!
サービスメニュー
事業紹介/TEPEの由来
初めての補助金申請でありがちな失敗
日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は”オンライン””郵送”で申し込もう。