ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 施策
  4. 不確かな情報に惑わされずに自分で自分の身を守ろう。

不確かな情報に惑わされずに自分で自分の身を守ろう。

SNSなど情報伝達ツールが進化するにつれて、噂やデマが広まるスピードが圧倒的に速まりました。

「トイレットペーパーが店頭から無くなる」「お湯を飲めばウィルスが死滅する」など新型コロナウィルス感染拡大のニュースとともに色々な情報が出回っています。

私のところにも「給付金を受けるためには〜が必要と聞いたけど、詐欺でしょうか」と言うようなご相談がいくつかありました。

不安は伝染します。明確な解決策を見出せない状況の中で、人間はネガテイブな情報にさらされつづけると益々不安になります。

不安が増して心のバランスが崩れると、体のバランスも崩れます。
体調が悪くなると当然ですが、病気にもかかりやすくなります。

情報が正しいのか自分で確認しよう

人間は自分の身を守るために、ネガティブな情報に敏感です。
しかし、ネガティブな情報を全て信じていると身が持ちません。
正しい情報がなければ、正しい対応もできません。
情報は常に2方向から確認して、真偽を確かめましょう

警視庁が掲載している「不確かな情報を判断するヒント」が参考になります。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/cyber/joho/truth.html

ヒントの中にも記載されているように、一次情報を確認するようにしましょう。

例えば、新型コロナ事業者サポート情報を経済産業省が、下記のようなオフィシャルLINEから発信しています。

https://page.line.me/meti_chusho

新型コロナウィルス関連施策は、経済産業省の下記HPでも定期的に更新されています。

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

施策は、自治体でもあります。お住まいの市区町村のHPも確認してみましょう。

情報は自分から取りに行こう

毎日テレビで発信されるネガティブな情報にさらされて、体調を崩される方が増えています。

ネガティブな情報ばかりで体調が悪くなってきた方は、一度テレビを切ってみましょう。

あなたが今、何が一番心配ですか。

心配を少しでも減らすために必要な情報は何でしょうか。

ご自分の気持ちが整理がつかない方は、人に話すのも有効です。
話してみると、自分が何を感じて、何を考えているのかわかってきます。

ご家族、友人、専門家。そして、下記のように経営者向けの公的な相談窓口も存在します。

https://www.meti.go.jp/covid-19/sodan_madoguchi.html

人に話すことで、自分を客観視することができて、先が見えてきます。

自分でコントロールできること、できないことがあります。
まずは、私たちは「自分でコントロールできること」を頑張っていきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

人気の投稿とページ

代表紹介
嬉しいお便りを頂きました〜藤沢市長後、のら猫chayaオープン〜
飲食店テイクアウトのはじめ方
池田理世税理士事務所 池田理世(いけだまさよ) 様
株式会社東京フィルムス 代表取締役 松澤 和行 様